経産婦さん(第3子) 女の子

矢島助産院で体験した
「素敵だったこと」「嬉しかったこと」「幸せだったこと」

*陣痛の度にさすってくれる『手』が救いだった。ありがとうございます
*立ち会ってくれた長女(7歳)は何度も必死に水を飲ませてくれた、次女(6歳)は泣きながら「ガンバレ」と応援し続けてくれた
*3650gの大きな赤ちゃんを産んだだけで偉業を成した気持ち
*そんな大きな赤ちゃんでも、おしもも切れずに産ませてくれた
*産まれた喜びでお父ちゃんとキスをした。しあわせでした
*みんなで頑張って産まれた赤ちゃんだから、みんなで大切に育てようと思った
*入院中の面会の時間では個室で父ちゃんはイビキかいて昼寝しているし、子ども達はゲームしたりゴロゴロしたり…まるで家でくつろぐようだった
*お灸のおっぱいマッサージでおっぱいが高級肉まんのようにフカフカもちもちになった
*夫とは再婚で上2人の娘は私の連れ子だが、今回の出産で上の2人のことがもっと可愛くなったと言ってくれた

矢島で出産したことで、改めて子どもたちへの愛情、夫への愛を実感した。

明るい笑顔と元気でたくさんの人を幸せにしてくれる矢島のスタッフ様へ感謝!!

カテゴリー: 感想ノート   パーマリンク

コメントは受け付けていません。